安全規格について
弊社の製品はすべてスイッチング方式PSE認可アダプターを使用しております。

一般的なACアダプタは、トランス(変圧器)と整流器とコンデンサで構成されています。単純な回路構成なので故障が少なく、安く作れます。手に持つとずっしり重いタイプがそれです。これは、9V200mA表示のACアダプタは200mA流したとき、「9Vの電圧がでます」という表示になっています。しかし、トランス式アダプターは無負荷(電流を流さないとき)は2倍近い、16V~17V程度の電圧が出ているときがあります。また、一般的な安価なACアダプターは一次側(AC100Vのトランスの巻線)をわざと細くして、大きな電流が流れると断線するように設計されています。定格いっぱいの電流を流すと寿命がとても短くなります。70 %程度(9V、200mA表示では、140mA以下)で使うと長寿命です。

当社で使用しているスイッチング方式ACアダプタは軽くて、大きな電力を取り出せます。大変優れたACアダプタです。スイッチング方式のACアダプタはAC100Vを直接整流し、高圧ケミコンで平滑にして直流にします。この電流を利用してスイッチング回路により高い周波数交流を発生させます。これをまた高周波トランスから整流して、直流DC電圧を出力として取り出します。この高周波トランスからは、一般的な50Hz/60Hzのトランスに対して、高効率な大きな電流を取り出せます。軽くて、小型で大容量のACアダプタが得られます。無負荷(0%)~最大100(100%)まで電流を流しても、出力電圧は定格表示の電圧でほぼ一定に保たれています。

最大定格で御使用になれますが 、長時間お使いになる場合、定格の80%程度で使うことをおすすめします。AC100側(AC200Vでも使えるものもあります)にヒューズ(一度切れると完全な断になる)が入っています。定格の130%以上になると動作して断(オープン)になります。AC95~AC130V入力のACアダプタは、入力の平滑コンデンサが200V耐久です。充分大きな容量があり、低リップルで良質な電圧が得られます。AC100V~AC240Vのワイド入力のACアダプタをAC100Vで御使用になると発熱が少なく、高信頼ですが平滑用のコンデンサーの耐久は400Vです。リップル特性は若干悪くなります。

DCプラグは標準の2.1mm(内部の芯材)を使っています。最大5Aまで流せます。DCジャックの定格に0.5A/1Aの表示がありますが、これは以前(昔)外部電源(ACアダプタ)と内部電源(00P電池など)を切りかえるスイッチ部分の接点容量特性をいっています。一般的に圧着接続(DCジャックとDCプラグの金属どうしが挿入により接触、接続)のときは数ミリオームの良好な小さな値になっています。電圧降下が少なく、5A以上の電流も充分に流せます。

そして、弊社の製品に使用しているアダプタは全てPSEマークを取得しています。PSEマークとは経済産業省による電安法で定められた安全規格のことです。アダプタに限らず、パネル内部に使用されるインバータにもこのマークが必要です。海外から直輸入された製品はこのマークがないものが多く見受けられます。使用される場合は安全性を十分確かめて下さい。

  PSEマークについてはこちら>>>

お気軽にお問い合わせください LED面発光パネルとは 導光板の種類 安全規格について