CSR

RESPONSIBILITY
当社の社会的責任

静岡技研工業(SGK)では、「我々は電源と光源の製造を通して、あらゆる人々に感動や喜びの光を提供する」
を経営理念に掲げ、人間として何が正しいかを判断基準とする「SGK思草」をベースに経営を行っており、CSR活動の根幹となっています。この「SGK思草」の実践を通して、CSR課題の解決に取り組み、ステークホルダーとの相互信頼の構築、当社の永続的な発展をはかるとともに、自分、家庭、社会に誇れる企業を目指していきたいと考えています。

SDGs
環境への配慮

私たちを取り巻く社会には、地球温暖化の進行や、世界人口の増加にともなう食糧不足、先進国における少子高齢化と労働人口の減少など、さまざまな社会的課題があります。
静岡技研工業(SGK)では、事業を通じて持続可能な社会を実現するため、電力エネルギーを高効率で最適に制御し,快適な環境を創り出すパワーエレクトロニクス技術を中心に環境・エネルギー問題への貢献に努めてまいりました。
今後はさらに、ワイヤレス給電技術やLED面発光技術といった当社の技術・製品を用いた次世代の生活提案などを通じて、経済性(省エネ・省資源・高効率化など)や利便性(小型・軽量・高機能化など)を図りながら、不安要因をなくして、たえず良好な品質を保つ取組みを積極的に推進してまいります。
また、超音波による害獣対策や農耕放棄地再生事業など安全・安心で高付加価値な地域の活性化に取り組むとともに、社会貢献によって働きがい、生きがいを感じられる職場づくりを目指してまいります。

SUPPORT
関係者様への対応

  • 社員の皆様へ
    社員の皆様へ
    当社は、社員に対して、安全・快適で働きやすい職場環境を提供し、社員の皆さまが自分、家庭、社会誇りを持って働き甲斐を感じる企業を目指します。
  • お客様へ
    お客様へ
    当社はお客さまに対して、「安心」、「安全」を提供する高品質、高性能な製品の開発・生産・販売を約束します。そして、誠実できめ細やかなサービスの提供、適切な情報開示を心掛け、信頼を勝ち得る企業を目指します。
  • お取り引き様へ
    お取り引き様へ
    当社はお取引先さまに対して、公正で合理的な取引基準を設け、強いパートナーシップを築くことで、互いに繁栄し成長し続ける信頼関係づくりに努めることを目指します。

ACTIVITIES活動への取り組み

静岡技研工業(SGK)では全社をあげて業務として6S活動に取り組んでいます。
6Sとは基本的に「整理・整頓・清掃・清潔・躾・安全(Safety)」のことです。

6S活動の目的
  • (1)お客様から信頼される会社になる
  • (2)ムダがなく能率的な職場を作る
  • (3)豊かな人材育成と職場環境を育む

ルールを決めて守り、社員全員がひとつになって取り組んでいくプロセスによって、「気づきを共有し、心が変わり、会社全体が成長する」ことを目指します。

6S活動への取組み

  • 月一の全体ミーティング社内の各エリア毎にチームを作り、決まった曜日に集まって、話し合いや6S 活動を行っています。
    また、月に一度は全体ミーティングを行い、他のチームの活動内容を参考にしながら、より良い環境づくりの意見交換を行っています。
  • 見える化よく使う道具や図面などを見える化することで、作業効率をアップしています。
    物の位置を決め、表示をきちんとすることで必要な道具や図面がすぐにわかり、ストレスなく仕事をすることができるようになりました。
  • 工具の姿置き化工具の姿置き化を進めています。工具の種類や数量、配置などを、実際に工具を使う人たちが相談して決めています。
    定位置化することで、工具を探したり戻したりする際の時間のムダを減らすことができ、工具の状態を把握しやすくなりました。
  • 社内設備の改善移動台車の組み立てなど社内設備の改善も6S活動の一環として行っています。
    できるだけ複数の人が実際に手を動かして関わることで個々の知識や経験が広がりますし、またそれは別の課題解決に対する発想の源ともなっていきます。

SAFETY安全への取り組み

静岡技研工業株式会社(SGK)は、働く人の安全と心身の健康を守ることを
職場の最優先事項と考え、全従業員が一致協力し、安全衛生活動を推進します。

4つの行動指針
  • 1安全衛生関係法令および社内規定を遵守します。
  • 2自己・災害の防止および安全で快適な職場環境づくりに努めます。
  • 3安全衛生教育や社内啓蒙活動を通じて、全従業員の安全衛生意識の高揚に努めます。
  • 4安全衛生対策には、適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施します。
活動内容
  • ○危険な有機溶剤の廃止・代替
  • ○有機溶剤排気フードと乾燥機排気ダクトの設置
  • ○環境設定の実施
  • ○特殊検診の実施
  • ○安全衛生委員会の開催
  • ○新人教育の実施
  • ○定期循環点検の実施
  • ○有機溶剤教育の実施・有機溶剤主任者の受講
CONTACT

製品の詳細・ご相談など
お気軽にお問い合わせください